フランチャイズ店の強みとは?

一定の利益を保証する社員 フランチャイズ店の強みはあらかじめ決められたビジネスモデルに則り店舗開業ができるためオーナーとしてのノウハウが少なくても一定の利益が得られるといった点にあります。
通常、直営店等で店舗開業を行う場合には自らしっかりとしたビジネスモデルを描くとともにリスクの回避等も充分に考慮しなければならず不慣れな人にはなかなか難しいものです。
しかし、フランチャイズの場合には様々なオーナーとしての教育を受けることができるとともに、営業に関するサポートも行われるため店舗開業に関するノーハウを持っていなくても開業当初から一定の利益を得ることができる点が大きなポイントとなります。

フランチャイズ店の契約を行った場合、販売する商品はフランチャイズ本部から供給されたものを販売することで売り上げから商品の仕入れ代金と手数料を引いた部分が利益となりますが。
しかし、販売する商品自体はすでに一定の固定客をつかんでいるものが多く直営店のような商品開発や販売ノウハウの習得が不要といった点が大きなメリットです。

通常、自分で店舗を独立開業する事はしっかりとしたビジネスモデルと独立開業のための資金の調達、また様々なリスクを回避するための方法などを自ら考慮しなければなりません。
フランチャイズの場合にはこれらの点については本部がオーナーに対して様々な教育制度を実現しサポートするため、初めて独立開業をする場合であっても少ない資金で効果的な開業ができるという点が大きな強みとなっています。

直営店との違いは何?

フランチャイズ店は直営店に比べビジネスモデルがあらかじめ決まっているのでビジネスを軌道に乗せやすいと言うメリットがあります。
基本的には本部の指定する商品を中心に販売することになるためすでに固定客の獲得が見込まれており、自らのアイディアだけでビジネスを行う直営店と異なり初めから軌道に乗せやすいと言う点が大きなポイントです。

その反面、フランチャイズの場合には自らのオリジナリティを出す事は契約違反とみなされ厳しいペナルティーが与えられてしまいます。
また、売り上げの相当部分をロイヤリティとしてフランチャイズ本部に納入しなければならないといったデメリットもあります。

基本的にフランチャイズは本部の指定する商品を販売するため、直営店のような自ら地域のニーズを考慮し商品ラインナップを揃えた上で利益性を確保するといった基本的なビジネスモデルが描きにくい傾向にあります。
本部は様々な地域戦略を描いており、フランチャイズ店に対して基本的な戦略を指導し実践を求める形になります。
フランチャイズ本部の指導に従った店舗営業を行わなければならず、早期に一定の利益性を確保できるもののその後の高い利益がなかなか実現できないといった点も十分に考慮することが必要です。

フランチャイズ店の強みはしっかりとしたビジネスモデルに関する教育が行われ開業当初から一定の利益性が見込めるといった点にあります。
しかし、高い利益性が得られないと言う点がデメリットもあるため、直営店に比べ独立開業といった実感が得にくいものとなっています。