月刊ビルクリーニングという雑誌をご存知?

ビル清掃 「月刊ビルクリーニング」は株式会社クリーンシステム科学研究所が発行している、ビル清掃業務に関する専門雑誌です。
内容は製品情報や技術情報、講習会情報、現場事例研究、最新の話題となり、業界からのニーズが高くマニュアル作成の参考資料としても役立っています。
ビルの清掃業務に必要なあらゆる情報が満載で、ビルクリーニング業界で唯一の現場向けの雑誌です。

毎月25日発売、1冊から購入が可能ですが、販売元で定期購読を申し込むと送料が無料になるのでお得です。
バックナンバーもあるので、最近になって業界に新規参入した場合はチェックすると役立つ情報が多く助けになります。
雑誌はビルクリーニングやビルメンテナンスの職に就いている個人にとっても役立ちますが、それ以上に管理職におすすめです。

近年、ビルの高層化に伴って、ビルクリーニング及びビルメンテナンス業界は需要が高く、伸び率が上がっています。
同時にさまざまな新しい素材が誕生して、取り扱いや清掃方法が分からない、さらに海外からのこれまでなかった害虫など、以前にはなかった問題が多く、対処に追われている人も多いです。

そういった業界全体の悩みに「月刊ビルクリーニング」は対応しているので、知識や技術の向上に繋がり、知っておくと安心の情報が多く役立ちます。
トラブルの際の参考資料としても需要が高く、目を通しておくと咄嗟の判断がしやすくなり、業界の今を知ることができるのでおすすめです。

現場の問題解決や技術力アップにつながる

「月刊ビルクリーニング」は製品情報や技術情報だけではなく、今の現場で問題となっている事柄を取り上げ、対応策が書かれているのが魅力です。
次々と新しい製品が開発されて導入されている中で、最適な掃除方法を見つけ出すのは難しく、そういった時にもいち早く特集が組まれるので目を通しておくと役立ちます。

ビルクリーニングやビルメンテナンス業界は人員の入れ替わりの激しさが特徴で、多くは営業終了後に作業をしていくので深夜帯、仕事内容そのものは単純で誰にでもできますが体力が必要ですし、知識や技術も必要となります。
そのため向いていない人間はすぐに辞めてしまい、人材育成が厳しいのが現状です。
他にも外国人が増えたことから以前にはなかったトラブルが発生して対応に追われるなど、業界全体での悩みは多く、雑誌はそういった問題解決のきっかけになります。
ニーズに応じた時事的な内容は働く人間にはとてもありがたく、参考にすることでスムーズな作業が可能となりました。

外国人労働者をはじめ、体力勝負の仕事とはいえ高齢者や準する年代の参入も増えてきています。
仕事を教えるだけではなく安全性を確保、効率をあげるなど作業員だけが努力するのではなく、現場責任者や管理者の責任も重要です。

使い方は人それぞれで、教育指導やマニュアルづくりの参考資料として、顧客ニーズへの対応、作業効率化促進など多様性があります。
毎月の特集記事も読みごたえがあるので、チェックしておくと役立ちます。